【ポジティブチェンジ】投資信託「ベイリー・ギフォード・インパクト投資ファンド」をわかりやすく評価!

ベイリー・ギフォード・インパクト投資ファンドはポジティブチェンジの愛称で親しまれている投資信託です。販売しているのは三菱国際投信ですが、名前の通りベイリーギフォード社が運用しています。

 

ベイリーギフォードは以前お伝えした「ロイヤルマイル」を運用しています。(販売しているのは同じく三菱国際投信)

【ロイヤル・マイル】実績が評判の投資信託「ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド」を評価!

 

本日はポジティブ・チェンジについて、どのような投資信託なのか?

投資妙味があるファンドなのか?

という点を中心にしながらお伝えしていきたいと思います。

 

ESG投資を行うベイリー・ギフォード・インパクト投資ファンド(=ポジティブチェンジ)

ベイリー・ギフォード・インパクト投資ファンドは「社会的課題の解決」と「経済的利益の獲得」を追求することを投資哲学として運用しているファンドです。

愛称として親しまれているポジティブチェンジは「社会の前向きな変化を投資で応援する」という意味を含んでいます。

 

上記の目標を達成するためにポジティブチェンジはESG投資を行うとしています。ESGとは以下のことを意味します。

ESG投資とは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことです。ESG評価の高い企業は事業の社会的意義、成長の持続性など優れた企業特性を持つと言えます。

参照:大和証券

 

【E:環境(=Environment)】
環境に配慮している。例えば二酸化炭素の排出量が多くないか、環境汚染をしていないか、再生可能エネルギーを使っているかなどが指標となります。

【S:社会(=Social)】
社会に貢献。例えば、地域活動への貢献、労働環境の改善、女性の社会進出などです。

【G:企業統治(=Governance)】
企業投資がしっかりしており不祥事が起きない運営ができているかどうか

 

ESG投資残高は世界中で投資残高が増えている流行りの投資手法です。

ESGの投資残高

ポジティブチェンジではテーマを以下の四つとしています。

1.平等な社会・教育の実現
2.環境・資源の保護
3.医療・生活の質向上
4.貧困層の課題解決

ポジティブチェンジの投資テーマ

運用を担当するのはベイリーギフォード社

名前に入っている通り運用は三菱国際投信が行うわけではありません。

運用は名前の通り、ベイリー・ギフォード・インベストメント・マネジメント(ヨーロッパ)リミテッドが運用します。 ベイリーギフォードは1908年に創業の100年以上にわたる経験を有する資産運用会社です。

 

ポジティブチェンジのファンドの運用方式

ただ、この運用形式だとベイリーギフォード社と三菱国際投信の両方に手数料が取られることとなるのが難点となります。

米国株式が約半分を占める構成国比率

以下は2021年7月末時点でのポジティブインパクトの国別の構成比率です。株式市場の規模でいうと2番の日本ですが第9位となっています。

国・地域 比率
米国 46.6%
デンマーク 8.2%
オランダ 7.6%
台湾 6.0%
ブラジル 4.9%
スウェーデン 4.1%
ベルギー 3.7%
カナダ 3.5%
日本 2.9%
インド 2.7%

 

ヘルスケアセクターに偏った業種構成

以下は業種別構成比率です。ヘルスケアと情報技術で50%を超える比率となっています。

業種 比率
ヘルスケア 35.2%
情報技術 17.3%
一般消費財・サービス 13.6%
資本財・サービス 10.6%
素材 9.9%
金融 6.0%
公益事業 3.9%
生活必需品 1.7%
コミュニケーションサービス 0.7%

 

この2つの産業はハイテク銘柄が多く組み込まれています。ESG投資を行うにはテクノロジーに投資することになるので結果的にハイテク企業の組み入れ比率が多くなることが想定されます。

ポジティブインパクトの構成上位10銘柄

以下はポジティブインパクトの2021年の7月の構成上位10銘柄です。

銘柄 産業 構成比率
MODERNA 米国 ヘルスケア 9.8%
ASML オランダ 情報技術 7.6%
TSMC 台湾 情報技術 6.0%
MERCADOLIBRE ブラジル 一般消費財 4.9%
DEXCOM 米国 ヘルスケア 4.8%
ILLUMINA 米国 ヘルスケア 4.7%
TESLA 米国 一般消費財 4.4%
NIBE INDUSTRIER スウェーデン 資本財 4.1%
ORSTED デンマーク 公益事業 3.9%
UMICORE ベルギー 素材 3.7%

 

1位のMODERNAはコロナワクチンで有名な会社ですね。

ASMLは半導体製造装置の会社で、TSMCは世界最大の半導体製造企業となっています。7位には電気自動車首位のテスラも組み込まれています。

ポジティブチェンジの手数料水準

ポジティブチェンジの手数料水準は以下となります。

購入手数料:3.30% (税込)
信託手数料:1.463% (税込)

ポジティブチェンジのリターン

ポジティブチェンジのリターンは以下となります。

ポジティブチェンジのリターン

灰色の参考指数はMSCI オールカントリー・ワールド インデックス(配当込み、円ベース)です。この指数は全世界の株式の値動きを代表する指数です。つまり世界の株式の平均的ということですね。

2019年からみるとポジティブチェンジは全世界株を大幅にアウトパフォームしています。これは2020年のコロナショックでハイテク企業が急激に上昇したことを受けてハイテク企業に多く投資していたポジティブチェンジも大きく基準価格を上昇させました。

 

しかし、2020年に上昇しすぎたことを受けて2021年にはいってから足踏みをしています。2021年からの比較チャートを見ると以下の通りとなります。

青:ポジティブチェンジ
赤:全世界株式

ポジティブチェンジとeMAXIS全世界株式の2021年のチャートの比較

ポジティブチェンジの価格の値動きはボラティリティが高くなっています。株価が高くなっている企業を多く取り入れているので今後も足踏みをする可能性が高いとみています。

まとめ

ポジティブチェンジはESG投資を投資哲学として据えている投資信託です。そのため、ハイテク企業を多くポートフォリオに組み入れています。

ハイテク企業は2020年度はコロナショックの影響でテクノロジー企業が全体的に堅調に推移したことを受けて大きく価格を上げました。しかし、価格上昇が激しすぎて、現在は足踏み状態となっています。

ハイテク企業は価格の値動きが激しいので、安全に資産を形成していきたいという方にとっては必ずしも適した選択肢とはなりません。

安定したリターンで資産を積み上げていきたいという方に向けて、以下でおすすめできる投資先をランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

関連記事

NO IMAGE

【ゼウス投信】投資信託「新光US-REITオープン」は高分配利回りだが大損する!...

評判の世界経済インデックスファンドはおすすめできる?株式シフト型を含めて徹底評価...

【愛称:クアトロ】投資信託「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」を...

NO IMAGE

【ブログ更新】評判の「たわらノーロード先進国株式」を徹底評価!リターンや手数料を...

投資信託の健次とは?評判のグローバルヘルスケア&バイオ投信の2020年以降の見通...

NO IMAGE

【ブログ更新!】評判の投資信託である「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶ...