インドネシア株式市場の魅力と注意点を解説!2021年からおすすめの新興国投資はどこ?

前回前々回と東南アジア全体の魅力と課題についてみていきました。

 

  • ASEAN(東南諸国連合)の成立過程と高い成長率!今後伸びるCLMV諸国とは?
  • ASEAN(東南アジア諸国連合)は人口増加・中間層の拡大による内需拡大が魅力!

 

今回は東南アジアで最大の人口を誇るインドネシアについて取り上げたいと思います。インドネシアは日本人からするとバリ島のイメージが強いかと思います。

しかし、現在は高成長を長期間継続しており勢いよく成長している新興国の代表格です。ではインドネシア株への投資は魅力的なのでしょうか?

今回は注目を浴びるインドネシアについて経済や今後の見通しに加えて株式市場の現状についてお伝えしていきたいと思います。

5%程度の高い経済成長を持続

まず以下の成長率推移を見て頂くと安定して5%成長をしていることが分かります。流石に昨年度はコロナの影響で凹んでいますが。

インドネシアの経済成長率の推移

中国より発展途上国なのに意外にあっさりとした経済成長率ですね。ASEANの平均的なレベルです。

ただリーマンショックのような世界的な危機発生時においても5%程度の成長を維持しているところは特筆にあたります。マレーシアとシンガポールと同様に成長率がマイナスに沈んでいるのはアジア通貨危機です。

今後についても高い成長率を維持することが見込まれています。

インドネシアの経済成長率の推移と今後の予測

労働人口は増加するか?

まずは一番重要な人口ピラミッドですね。そして今後15歳以上65歳未満の労働人口が増加していくのかというポイントです。以下をご覧ください。

インドネシアの人口ピラミッド

綺麗な釣り鐘型で、労働人口が今後も増加し続ける形であることがわかります。人口ボーナスがこれからくるという感じの形であることが分かりますね。

インドネシアはイスラム教で避妊や中絶に否定的ということが、この人口に結びついていると言われています。

 

また人口も2065年あたりまで増え続け、3億2千万人まで増加していきますので、消費という観点からも拡大していくことが見込まれます。

更に現状は一人当たりGDPは4,000USDと、中所得国の罠である10,000USDまでは依然として距離がある為、直近でまだ発展が頭打ちするリスクは暫くは少ないでしょう。

 

ただ今後10年の間に中所得国の罠にぶち当たる可能性は、現在の組み立てを中心とする労働集約型産業からの脱却を図っていかなければいけません。

然し教育水準の低さという観点からは労働人口の質という側面で若干の懸念があります。中学生の学力レベルは世界的に下から数えた方がはやく、経済発展を本格的に行うにたる教育が施されているかは疑問です。

 

実際、日本が急速な経済発展を遂げることが出来たのも、人口ボーナスだけではなく、教育の質の高さが挙げられます。マッカーサーも日本の子供の基礎学力の高さに驚嘆し、将来この国は凄い国になるといったと言われています。

江戸時代からの論語と算盤の寺子屋教育、明治政府の教育勅語が功を奏したというわけです。

サービス業中心の安定した産業構造

インドネシアの産業構造といえば、私は資源というイメージが強いのですが実際はどうなっているでしょうか。以下インドネシアの産業別のGDPの構成をご覧ください。

インドネシアの産業別GDP構成の変遷

 

意外にもかなりバランスのとれた産業構造になっているのが分かります。2000年に比べて製造業や農林水産業の割合が現象して、サービス業の割合が増加しています。

 

確かに原油価格が下落した時にサウジアラビアやベネズエラ、ロシアの財政がまずいというニュースは聞きました。しかし、インドネシアの財政がまずいというニュースは聞きませんでしたよね。

比較的安定した産業構成を持っているといえるでしょう。第一次、第二次、第三次の各産業のそれぞれの特徴をまとめると以下となります。

インドネシアの産業の特徴

いわゆる新興国というイメージだけでなくEVやECなど先進性の高い分野の進出も目論んでいることがわかりますね。

比較的高い個人消費の比率

ではGDPを産業ではなく需要面からみていきましょう。以下はタイの需要別のGDP構成比率です。

インドネシアの需要項目でみたGDP推移

固定資本形成の大きさが気になりますね。かなり投資に依存した経済と言っていいでしょう。貿易先トップの中国向けの原産品の輸出の為の設備投資が主となっています。

 

ただ、マレーシアやタイに比べると個人消費が高い比率になっているので、比較的内需中心のGDP構成となっています。日本や米国の先進諸国は個人消費の比率が7割程ありますが、インドネシアは新興国にしては高い水準とみてよいでしょう。

インドネシアの需要面からみたGDP構成比率

参照:経産省

 

更に成長の寄与という意味でいうと消費の伸びが堅調な傾向にはありますが、やはりこの投資の寄与率はかなり高めであるといえます。

インドネシアの需要面からの成長の寄与度

今はコロナショックでマイナス成長となっていますが、2021年度は正常に戻ることを期待したいところです。

インドネシアの株式市場

ここまでで経済発展力は強いですが、不安定な経済構造であることが分かりました。また経済が強いからといって株式市場が魅力的とは短絡的に結論付けることが出来ません。

今後経済が堅調に成長したとしても、成長を市場が織り込んで先に株式が買い上げられていれば株価自体は割高な水準になってしまいますからね。

インドネシアの主な株については以下のページにまとまっております。

銘柄名 業種 PER
アストラ・インターナショナル 自動車製造 12.2
バンク・セントラル・アジア 金融 26.41
バンク・マンディリ 金融 11.58
ブミ・リソーシズ 石炭採掘 赤字
インドセメント・トゥンガル・プラカルサ セメント製造 29.35
ペルサハーン・ガス・ネガラ 天然ガス生産 34.09
テレコム二カシ・インドネシア 通信 18.52
ユニリーバ・インドネシア 一般消費財製造 35.53

PERは20倍から30倍の銘柄が多く、全体として割高な水準であるといえます。ただ、株価指数は以下のようにコロナから立ち上がってきている途中で、最高値を目指す動きとなっています。

インドネシア総合指数の価格推移

ただ、以下の通り米国のS&P500指数や日経平均などに比べると出遅れているので、今後投資遅れを取り戻す過程でリターンを狙える可能性は十分にあります。

インドネシア総合指数の値動きをS&P500指数と日経平均株価と比較

インドネシア株への投資

楽天証券やSBI証券のようなネット証券で調べると大量に投資信託やETFがでてきました。日本人が日本からインドネシア株式市場に投資することは容易です。

然し、このように誰でもアクセスできるような市場は大量に投資家が入り先述したように割安な水準になりにくいという欠点があります。

魅力的な新興国株式市場と投資が容易な株式市場というのは共存しにくいのです。

インドネシア株株式市場まとめ

以上のことからインドネシアは人口構造から今後も5%程度の成長が予想されるが、教育水準は低く、今後中所得国の罠を抜け出すことができるかは疑問が残る状況です。

更に株式市場は堅調に上昇しているものの、PERは既に割高な水準で現在の状況で入ってもある程度の利益は見込めるかもしれません。

しかし、先進国株式市場に比べると出遅れ感があるため、今後最高値を取る過程で高いリターンを期待することも見込まれます。

新興国への株式投資で成功するには

本記事で分析した通り、インドネシア自体は今後も経済成長が見込めるのですが、株式市場自体が割安ではありません。よって投資魅力は大きくはないでしょう。

本当に魅力的な投資先は成長力が高いにも関わらず、割安に放置されている国です。以下の新興国ファンドランキングでは上記の基準にそって、魅力的な投資先をランキング形式で評価しています。

 

新興国ファンドランキング

 

2021年現在、最も期待できる新興国は中国です。中国は2009年にGDPで日本を抜き去り2028年には米国を抜き世界第一位の経済大国となることが見込まれています。

日米中のGDPの推移

また、ハイテク企業の成長は著しく世界のイノベーションに優れた企業ベスト10の中に2つも中国企業がランクインしています。(残念なことに日本はソニーだけです)

今や中国は米国につぎイノベーション国家として躍進してきているのです。

世界で最もイノベーションに優れた企業10社

一方、成長著しいにも関わらず株価は2010年代は軟調に推移し、成長していない日本の日経平均にアンダーパフォームしています。つまり中国株の割安度は年々増しているのです。

日経平均と上海総合指数の値動きの比較

中国の一人当たりGDPは日本のバブルが始まる水準に到達しており、これから株価が勢いづく地点に到達しているのです。

既に米国や日本などの先進国株は割高になっています。新興国の中で成長力も高くイノベーションが沸き起こり株価が割安な中国株式市場は魅力的な投資先となっているのです。

以下では中国株投資を行う上で最も魅力的な投資先と筆者が考えているオリエントマネジメントについて纏めていますので参考にしていただければと思います。

 

<<Orient managementの記事>>

 

関連記事

NO IMAGE

続・イラン株への投資の魅力をわかりやすく紐解く!圧倒的低PER・20%以上の高配...

NO IMAGE

今イラン株式市場への投資が特にあつい理由をニュースを元に解説する!

NO IMAGE

成長著しいラオスの株式市場は黎明期で投資環境が整っていない!CLMV諸国の魅力と...

NO IMAGE

フィリピン株式投資は既に割高水準でおすすめできない!魅力的ゆえに脚光をあびる新興...

ベトナムはCLMV諸国の雄で魅力的だが株式投資はバブル気味でおすすめできない!高...

NO IMAGE

新興国株式投資に為替ヘッジが必要なのかを解説!新興国投資における、おすすめのリス...