コモンズ投信のコモンズ30ファンドは評判通りのファンドなの?成績や手数料を含めて徹底評価!

日本のは様々な独立系の投資信託が存在しています。

その中でも知名度が高いもののなかにコモンズ投信があります。コモンズ投信が運用する旗艦ファンドであるコモンズ30はリーマンショック後から運用を開始しています。

 

  • 様々な選択肢がある中で、コモンズ30がどのような特徴のファンドなのか?
  • 他のファンドに比べて投資妙味があるのか?

 

という点について本日はお伝えしていきたいと思います。ひふみ投信などの他の独立系投信との比較も通じてお伝えしていきますので参考にしていただければと思います。

コモンズ投信とは?

コモンズ投信は独立系の投資信託です。

通常のファンドは運用を担当する会社と、販売する金融機関は別の会社が担っています。しかし、独立系の投資信託では運用から販売まで一貫して行います。

ただ、近年は楽天証券やSBI証券のようなネット証券でもコモンズ投信を購入することができるようになりました。当サイトでも以下の独立系投資信託について既に分析してきました。

 

 

コモンズ投信は2008年のリーマンショック直後に誕生しており、誰もが長期的な資産形成が出来る長期投資のファンドを作ることを理念に設立されました。

コモンズ投信は「ザ・2020ビジョン」と「コモンズ30ファンド」を運用していますが、本日は旗艦ファンドであるコモンズ30について紐解いていきたいと思います。

 

コモンズ30ファンドはどんなファンド?

ではコモンズ30ファンドの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

コモンズ30ファンドの特徴

コモンズ30ファンドの特徴として以下の点をホームページ上で明言しています。

 

  • 投資の目線は30年とします。
  • 投資対象は、原則として30銘柄程度とします。
  • 企業との対話を重視します。
  • 生活者(個人投資家)の参加する場を数多く提供します。
  • 直接販売を主とします。
  • 信託報酬の一部を社会貢献に活用します。

参照:コモンズ投信

 

30年の投資期間と30銘柄ということで、コモンズ30ファンドということになっているのが伺えますね。

ひふみ投信が200銘柄程度に分散していることに比べると、30銘柄はファンドとして厳選しているという感じですね。選定基準の銘柄としては世界で成長し続ける真のグローバル企業としています。

コモンズ30ファンドの銘柄

では実際にコモンズ30が組み入れている銘柄を見ていきましょう。

収益力だけでなく、しっかり投資対象候補の企業に訪問して見えない競争力や経営力、企業文化まで含めて考慮して投資銘柄を選定しています。

コモンズ30ファンド

以下の通り上位構成銘柄に偏っているわけではなく、殆ど同じ比率で組み入れられていることが分かります。(参照:コモンズ30ファンド7月月報)

構成銘柄 比率
デンソー 4.1%
KADOKAWA 3.9%
東京エレクトロン 3.8%
ホンダ 3.7%
信越化学工業 3.7%
エーザイ 3.6%
クボタ 3.6%
ディスコ 3.6%
カカクコム 3.6%
味の素 3.5%

因みに2021年4月時点では以下となります。(参照:コモンズ30ファンド4月月報)

構成銘柄 比率
KADOKAWA 4.0%
ヤマトHD 3.8%
クボタ 3.7%
東京エレクトロン 3.6%
ホンダ 3.6%
コマツ 3.6%
信越化学 3.6%
ユニチャーム 3.5%
カカクコム 3.5%
リンナイ 3.5%

 

ある程度長期保有していることがわかります。構成構成上位のKADOKAWAについて見ていきましょう。売上高、利益ともに右肩上がりというわけではなさそうです。

コモンズ30ファンドの構成首位のKADOKAWAの業績推移
決算期 売上高 営業利益 当期利益
2015/03 100,566 1,391 14,055
2016/03 200,945 9,124 6,845
2017/03 205,717 8,419 5,767
2018/03 206,785 3,144 1,038
2019/03 208,605 2,707 -4,085
2020/03 204,653 8,087 8,098
2021/03 209,947 13,625 9,584
2022/03予 218,000 10,000 6,900

 

2位のヤマトHDに関しても売上は上昇していますが、利益は不安定に推移しています。

ヤマトHDの業績推移

コモンズ30ファンドの手数料は比較的低い

コモンズ投信は販売手数料はなく、信託手数料も年率1.078%(税込)とアクティブ型の投資信託の中では低く抑えられています。

他の高い手数料の投資信託と比べて投資家目線にたっているとも言えますね。

→ ヘッジファンドの成功報酬型手数料体系を投資信託と比較しながらわかりやすく解説する!ハイウォーターマークとは?

コモンズ30ファンドの成績を徹底評価

それではコモンズ30ファンドの成績について紐解いていきましょう。

日経平均と同様の成績

コモンズ30ファンドTOPIXを凌駕する成績を残しているものの、日経平均に対しては劣後する成績となっています。

コモンズ30ファンドの成績を日経平均とTOPIXと比較

さらに上記は配当金を再投資したベースでのリターンとなります。配当金を拠出すると20%の税金を徴収されますが、上記のリターンは税金が徴収されずに再投資した場合のリターンとなります。

運用開始時点の基準価格は10,000円で、現在29,734円となっています。今までの配当金の合計は1,610円分となりますので上記の青のリターンに比べると実際は若干劣った成績となることを加味しないといけません。

 

「ひふみ投信」「セゾン投信」「さわかみ投信」「鎌倉投信」とコモンズ30ファンドを比較する

コモンズ30ファンドを他の独立系投資信託と比較してみましょう。今回比較した独立系投資信託は以下となります。

コモンズ投信
ひふみ投信
セゾン投信(セゾン資産形成の達人ファンド)
さわかみ投信
鎌倉投信

過去10年のコモンズ30ファンドと独立系投信の比較

ひふみ投信が圧倒した成績をだし、次にセゾン投信が続いているという形になっていますね。しかし、ひふみ投信は資金流入が大きくなりすぎて昔のように中小型株運用ができず凡庸な大型株ファンドになってしまっています。

 

過去3年でみると他のファンドとの差は殆どないような状況になっており、日経平均とも大差ない成績となっています。

コモンズ投信
ひふみ投信
セゾン投信(セゾン資産形成の達人ファンド)
さわかみ投信
鎌倉投信

過去3年のコモンズ30ファンドと独立系投信の比較

また、期間によらずコモンズ30ファンドは平均的なリターンになっていますね。

まとめ

コモンズ投信は長期的な成長が期待できる30銘柄を厳選した長期投資ファンドとしてリーマンショック後に運用が開始されています。

しかし、成績としては日経平均に負けている成績となっており、手数料を加味すると凡庸な成績となってしまっていると評価するしかありません。

相場下落時でも下落することなく安定して資産を成長させているファンドを中心として以下のおすすめファンドランキングで紹介していますので参考にしていただければと思います。

関連記事

投資信託に潜む危険性とは?投資信託のリスクは低いという認識の誤解をわかりやすく紐...

安定したリターンが評判のセゾン投信シリーズ「セゾン・バンガード・グローバルバラン...

【ロイヤル・マイル】実績が評判の投資信託「ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファ...

【ブログ更新!】セゾン資産形成の達人ファンドはおすすめできる?実績の高さが評判の...

NO IMAGE

【ブログ更新!】評判の投資信託である「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶ...

評判の世界経済インデックスファンドはおすすめできる?株式シフト型を含めて徹底評価...